homeホーム

menuメニュー

おくちでたべるドットコム

昭和大学歯科病院 口腔リハビリテーション科

assignment_ind私たちが治療・サポートします

私たち専門のスタッフが、最新の知見に基づいた診断治療をご提供します。

専任診察スタッフ

高橋 浩二 口腔リハビリテーション科教授 歯科医師
高橋浩二 口腔リハビリテーション科教授 1983年昭和大学歯学部の第一回生として卒業した後、第一口腔外科学教室(現顎口腔疾患制御外科学教室)に入局し、道健一先生のもとで口腔外科診療に加え、口腔機能障害の診断と治療を行ってきました。1990~1992年には米国フロリダ州タンパの退役軍人病院にて嚥下障害治療の第一人者であるGroher先生のもとで摂食嚥下障害の診断と治療を学び、以来とくに成人期以降の摂食嚥下障害の診断と治療に力を注いでいます。 book著書
伊原 良明歯科医師
平成30年度より科長補佐を務めさせて頂くことになりました。
摂食嚥下の臨床では患者さんによっておかれた環境や状態が大きく異なり、一人ひとりの患者さんに合わせた訓練、治療が行えるよう患者さん本人のみでなくご家族や介護職など多くの方々と連携を図ってより良い治療を行えればと思っています。また、患者さんから学ばせていただく毎日ですが、少しでも嚥下障害に悩む方々のお力になれればと思い日々の治療に臨ませていただいております。
中道 由香 歯科医師
主に在宅・施設への訪問診療を行ってまいりました。脳血管障害や認知症の方など、食事が進まなかったり、ムセがあるけどどうしたらよいか分からずに悩みを抱えている方は沢山いらっしゃると思います。
症状は同じでも原因は様々ですので、お気軽にご相談下さい。患者さんだけではなく、介護している方々とも“一緒に考え、一緒に治療する”をモットーに診療を行っております。
野末 真司 歯科医師
学生の頃、介護老人保健施設で食事介助のボランティアをさせて頂いていた頃から、この分野に興味を持ち始めました。少しでも口から物を食べたいという方、あるいは最近食べにくくなったという方など食事をする際に困っている方に検査から訓練までさせて頂いています。要望などを聞き、その方の困っていることが少しでも多く改善できるように努めてまいりたいと思います。よろしくお願い申し上げます。
小池 丈司歯科医師
最近むせるようになった、飲み込みが上手くいかないという患者様に対するリハビリは患者様本人だけでなくご家族や介助の方のサポートが必要不可欠であると考えています。短期目標から長期目標に向かって、その方、その時期に合ったリハビリプランを一緒に立案し、寄り添ったサポートができればと思います。よろしくお願い致します。
林 皓太歯科医師
口腔リハビリテーション科で診療に携わるようになりまだ日は浅いですが、摂食・嚥下にお困りの方や睡眠時無呼吸症候群の方を診させていただいております。週に一度頭頸部腫瘍センターでも診療をおこなっております。患者さん本人だけでなく、ご家族や介護者の方のお役に立てる様に全力で頑張りますのでお気軽にお声がけください。学生時代はアメフト部に所属し体力には自信がありますのでよろしくお願い致します。
横山 薫 歯科医師
頭頸部腫瘍(舌・あご・喉の癌など)の術後の患者さんを中心に、摂食嚥下リハビリや発音や飲み込みを補助するための特殊な入れ歯の作製を行っております。手術後のお口の形は様々で、話すことや食べる能力も一人ひとり違います。その方にとっての一番よい状態を引き出せるよう丁寧にみることを心掛けています。また、いびきや閉塞性睡眠時無呼吸症候群の治療(マウスピースの作製)なども行っております。 book著書
武井 良子 言語聴覚士
発音を中心とした言語障害を抱えている方やそのご家族に対しての相談や治療を主に担当しております。コミュニケーションは、毎日の生活に欠かせないとても重要なことです。上手に発音が出来ないと、おしゃべりが億劫になってしまったり、積極的になれたかったりといった日々のストレスに繋がると思います。お子様からお年寄りの方まで、会話を楽しめるようお手伝いいたします。 book著書
山田 絋子 言語聴覚士
「うちの子の発音が気になる。」「小さい頃から発音しにくかったが、仕事で人と話す時に聞き返されることがあり、気になる。今からでも治したい。」「病気・手術をして、話しづらくなった」このような発音を中心としたお悩みに対するご相談や治療を主に担当しております。治療は1~2週間に1回程度、1対1で1時間程度行います。地道に行う訓練ですが、続けることで少しずつ変わります。お話を楽しめるようになるために、微力ですがお力になりたいと思います。
石野 由美子歯科衛生士、口腔筋機能療法士
小さなお子様からお年寄りまで、多くの方のお口の訓練を行ってきました。お口は、食事をしたり、会話をしたりと、とても重要なところです。舌やくちびるの力が弱いとよく噛めなかったり、飲み込めなかったり、こぼしてしまうことがあります。また、口元の印象は、とても大事です。口の周りの筋肉を使っていないと、口元が垂れ下がってしまいます。
舌とくちびるの訓練は、筋力をつける訓練、正しい位置づけの訓練、咀嚼訓練、飲み込み訓練などがあります。また、笑顔の訓練もあります。お口の体操をして、素敵な口元と笑顔を手に入れて下さい。 book著書